水分が出てきた牡蠣水分が出てきた牡蠣

パスタやおつまみに!簡単美味しいのオイル漬け作ってみた。レシピあり。

  1. 牡蠣のオイル漬けとは
  2. 必要なもの&簡単レシピ
  3. 牡蠣のオイル漬け作ってみた
  4. ポイントいくつかあったよ
  5. どうやって食べるの

1.牡蠣のオイル漬けとは

その名の通り牡蠣をオイル漬けにしたものです。牡蠣は鮮度が命ですがオイル漬けにしておけば1・2週間程度持ちますし加熱し水分を飛ばすことで旨味もアップ。普通に食べるのとは違った味わいになります。


2.必要なもの&簡単レシピ

手順は簡単。以下の流れになります。本当は多めに作った方が良いのですが手に入りやすいサイズのパックは200g程度なので

必要なもの
・牡蠣200g
・ニンニク2片
・オイスターソース大さじ2
・ローリエ1枚
・鷹の爪1つ(なくても辛いのがお好きな方はどうぞ)
・オリーブオイル適量

・フライパン(鍋でも)
・保存用のビンなど


レシピ
1:にんにくはスライス。鷹の爪はタネをとって輪切りにします。
2:流水でしっかりと牡蠣を洗います。その後ざるに上げて水気を切ってキッチンペーパーでさらに水気をとります。
3:フライパンにオリーブオイルを入れてにんにくを半分入れて焦がさないように加熱し香りが立ってきたら牡蠣を入れます。
4:牡蠣から水分がでてみがふっくらしてきたらオイスターソースを入れて身が縮まない程度に煮詰めます。
5:粗熱をとってビンに牡蠣と煮詰めた汁を入れます。残しておいたにんにくと鷹の爪、ローリエを入れてひたひたになるまでオリーブオイルを入れます。


3.牡蠣のオイル漬け作ってみた

作ってみました。

牡蠣を洗う
牡蠣を洗う

まずは牡蠣を流水で洗う。このあと一つづつ持ってしっかり流水にあてて洗いました。塩水を使う方法もありますのでお好みで下処理してください。


水分が出てきた牡蠣水分が出てきた牡蠣
いれたばかりの牡蠣

お鍋に入れたところまだ水分を感じる身ですね。
ここから水分が抜けていきます。


水分が出てきた牡蠣
水分が出てきた牡蠣

ブクブクと水分がでてきましたこれが煮詰まると旨味になってくるんですね。


煮詰めた牡蠣
煮詰めた牡蠣

オイスターソースをいれて煮詰めているところ。身が縮むのが気になる方は一旦牡蠣を取り除いて汁と調味料だけ煮詰めるという方法もあります。
味付けですが全て醤油にしてしまう、オイスターソースのみにするというのもありです。醤油のみにするとよりあっさりして牡蠣醤油風になります。


牡蠣にオイルを注いでいるところ
牡蠣にオイルを注いでいるところ

やっぱり倍くらいの量だと良さそうなのですが使い切りたいのと予算の関係上こんな感じに。
余裕がある方はたっぷり作るのをおすすめします。美味しそうです。


牡蠣のオイル漬け
牡蠣のオイル漬け

完成。ああ、やっぱり倍くらいの量が欲しい。


4.ポイントがいくつかあったよ

  • 牡蠣の水気をしっかりとること。水っぽくなってしまうともったいないです。
  • 煮詰めるときは注意して鍋をみていよう。オイスターソースは焦げ付きやすいよ。
  • 馴染んでからが美味しいので3日くらい待ってから食べた方が良いよ。

といったところです。
おつまみやオイルパスタにするのがおすすめです。


楽天で高評価の牡蠣お取り寄せを集めてみた。

■レビュー数9000件越え!人気の牡蠣お取り寄せ

■超希少な3L特大サイズの牡蠣

■ふるさと納税で牡蠣


こんなにたっぷり買えたらいいんですけど・・・私はスーパーの割引狙いです。それでも十分おいしいですよ!!最後までみてくださってありがとうございました。


おかげさまでフォロワー2100を超えました。ありがとうございます。

写真がいっぱいで見やすい
楽天でオススメ&欲しいと思った素敵アイテムをまとめたROOMはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください