お家でスタバ風「簡単ほうじ茶ラテ」の作り方 レシピあり

目次

  1. ほうじ茶ラテとは
  2. 家でできるの?
  3. 用意するもの
  4. 「簡単ほうじ茶ラテ」の作り方

人気記事・紅茶に入れるお砂糖作ってみたはこちら↓↓↓
■おしゃれで美味しい「キャンディス」作ってみた レシピあり
余ったリンゴでアップルティー作ってみたはこちら↓↓↓
■あまったりんごで!皮でも可!ふわっと香るフレッシュアップルティーのレシピ


1.ほうじ茶ラテとは

カフェラテのほうじ茶バージョン最近はいろんなカフェでも頼めるようになってきましたし、ハーゲンダッツでもフレーバーがでていますよね。

和スイーツブームにのってほうじ茶ラテも定番化しつつありますよね。SNSでもこのような感じで人気です。

こんな感じでtwitterでも大人気。特に秋冬になると本当に香ばしさとほっこりした味で癒されるんですよ。でも季節限定だったり、スタバは混雑してるし席がなくってゆっくり飲みたかったのに・・・なんてこともありますよね。そんな時はいっそお家で作っちゃいましょ。

紅茶と同じく「ミルクで煮出すやり方」と「パックや急須でだしたお茶でできる」方法があるので、簡単なあるので今回はお手軽な方法をご紹介します。


2.家でできるの?

スバリできます。

ただしお店のようはふわふわミルクを堪能したい方はミルクフォーマーが必要になります。ミルクフォーマーとは手軽にミルクを攪拌してふわふわミルクが作れるアイテムです。

私は紅茶もコーヒーもミルク入りが好きですので持っています。そんなに高くないものも増えてきていますので、ラテがお好きで迷っている方はぜひ買って試してみてほしいと思います。

持っていないよという方は泡だてる部分はとばして泡無しでも作れるのでチャレンジしてみてくださいね。


3用意するもの

カップ1杯の分量です。

・ほうじ茶: 大さじ2程度 or ティーパック2個でも可

・牛乳  :    30cc(泡だて用)+30cc (混ぜる用)

・砂糖      : 1さじ程度(お好みで)


4「簡単ほうじ茶ラテ」の作り方

1:ティーポッドにほうじ茶を入れてお湯をそそぎます。濃いめにした方が良いので普通に飲むときよりお茶っぱを多めにして、しっかり色がでるまでおいてください。

2:牛乳をレンジで温めます。あまり温めると泡立ちが悪くなるので60℃くらいで止めます。

3:泡だて用ミルクの文をを泡だて容器(底の深いカップなど)にうつしてミルクフォーマーで泡だてます。カップの底につかないようにして少し手前に傾けると良いと思います。20〜30秒泡だてているとミルクが滑らかになり、泡だてる音がゴボゴボと低い音になると泡だて終わりです。よくばってたくさんミルクを入れるとはねるので気をつけてくださいね。

4:残りのミルクをカップにそそぎ、濃く入れたほうじ茶をそそぎます。その上に泡だてたミルクをのせお好みでお砂糖やはちみつ、キャンディスなどで甘みをつけます。

個人的にはほうじ茶を濃いめにだして、甘みを加えた方が美味しいと思います。牛乳は低脂肪だと泡立ちにくいので普通の濃さの牛乳が良いです。

アレンジとしてはハチミツ、シナモン、生クリームをのせる、ミルクではなく豆乳を使うなども良いですよ。

ほうじ茶はカフェインがコーヒー紅茶に比べて少なく、体に穏やかでほっこりさせてくれますよ。自宅でほうじ茶ラテにチャレンジしてみましょう。


たっぷりめの茶葉がおすすめですよ。


人気記事・紅茶に入れるお砂糖作ってみたはこちら↓↓↓
■おしゃれで美味しい「キャンディス」作ってみた レシピあり
余ったリンゴでアップルティー作ってみたはこちら↓↓↓
■あまったりんごで!皮でも可!ふわっと香るフレッシュアップルティーのレシピ


おかげさまでフォロワー2100を超えました。ありがとうございます。

写真がいっぱいで見やすい
楽天でオススメ&欲しいと思った素敵アイテムをまとめたROOMはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください