おしゃれで美味しい「キャンディス」作ってみた レシピあり

  1. キャンディスってなぁに?
  2. キャンディスの使い方
  3. ミヒェルゼンのキャンディスのフレーバーってどんなのがあるの?
  4. 用意するもの
  5. キャンディスの作り方 レシピ
  6. 自作キャンディス お味は?
  7. 私が使ったものをご紹介

実はお家でも作れる。ほうじ茶ラテ作ってみたはこちら↓↓↓
■お家でスタバ風「簡単ほうじ茶ラテ」の作り方 レシピあり
余ったりんごでアップルティーしてみたはこちら↓↓↓
■あまったりんごで!皮でも可!ふわっと香るフレッシュアップルティーのレシピ 


1:キャンディスってなあに?

出典:カルディコーヒー商品ページより

ドイツの旧ドイツ王室御用達のお菓子を作っていたことでも有名なデリカテッセンの『MICHELSEN(ミヒェルゼン)』のキャンディス。ご存知ですか。紅茶が美味しくなる、おしゃれでかわいい氷砂糖の洋酒シロップ漬けです。何よりビジュアルがいいんです、ラベルが素敵なんですよ。

10年くらい前までは滅多に見かけなくて紅茶専門店の通販で買っていました。当時はフレーバーもアールグレイのみ。買いづらいのと美味しいので大事に使っていたんですが、ここ最近は「カルディや成城石井で買える美味しいもの」として有名になったようです。買いやすくなって嬉しい限りです。


2:キャンディスの使い方

紅茶やコーヒーにお砂糖がわりに入れて飲むものです。カフェオレやホットミルクに入れても美味しいですよ。紅茶はフレーバーのあるものでもシンプルなタイプでも大丈夫です。氷砂糖なのでグラニュー糖などと比べると溶けににくいです。ですのでホットで召し上がることをオススメします。洋酒の風味と暖かい飲み物で秋冬にぴったりです。


3:キャンディスのフレーバーってどんなのがあるの?

ミヒェルゼンのキャンディスはフレーバーがありますので調べてみました。


アールグレイ・ラム・ジンジャー・オレンジ・チャイ・レモン・シナモン

こんなに種類があったんですね。

ざっと探してみて通販で買うことのできるフレーバーをまとめてみました。実際はもっと種類があるみたいですよ。紅茶好きな方へのプレゼントとしてもおすすめです。シナモンやジンジャーは冬にいいですねミルクティにしたいです。



で・・・

私なんでも作れるんじゃないかなっと思ってしまう性質でしてやってみました自作キャンディス!!


4:用意するもの

  • ガラス瓶
  • 氷砂糖(粒の小さいもの):使う瓶に8分目くらいの量
  • リキュールやラム    :お好みのもの。今回はキルシュワッサーにしてみました
  • グラニュー糖      :小さじ1程度

5:キャンディスの作り方 レシピ

1:ガラス瓶の準備

ガラス瓶を煮沸消毒しておきます。大きめの鍋に水をはって瓶がきちんと水に浸かるようにして沈めてください。火をかけて煮沸します。お湯がグラグラしてから5分程度したらトングなどで瓶を取り出し清潔な付近の上で乾かしてください。乾燥したら念のためアルコールなどで吹き付けて軽く拭いて乾燥させてください。

2:氷砂糖をつめる

ガラス瓶の8分目まで氷砂糖を入れます。

3:グラニュー糖をつめる

氷砂糖だけでもいいのですがなんとなく溶け出すのが遅い気がしたので私はグラニュー糖を追加してなじませてみました。小さじ1程度です。なくてもできると思います。

4:リキュールやラム酒をそそぐ

氷砂糖がひたひたに浸るくらいまでリキュールやラム酒をそそぎ蓋をします。

5:完成までまつ

冷蔵庫に入れて3日に一度くらい瓶を軽く揺すって混ぜてあげてください。カラカラっとした音がしてかわいいです。

2週間くらいすると完成です。出来上がりかどうかは蓋を開けて「アルコールの香りがツンとせず優しい感じ」「液体がトロトロしている」というような状態になっていればお酒と氷砂糖が馴染んでいい感じになっていると思います。

6:お好きな紅茶にIN!!

お好きな紅茶にいれて楽しんでください。入れる個数はお好みです。私は2個くらいがちょうどいいです。ゆっくり溶けていくのを優雅に楽しみましょう。お酒も少しいれて香りを楽しむのもありですよ。コーヒーやホットミルクに入れるのもありです。

たまに瓶を揺すってあげて氷砂糖が固まらないように保存してくださいね。


6:手作りキャンディス お味は?

美味しいです!紅茶が華やかになって贅沢な気分になれます。商品にも負けないくらい良い感じです。

アルコールに超弱い私は最初の氷砂糖にお酒をいれた段階で、「アルコールの香りが強い・・・失敗かも・・・」と思ってしまいましたが日にちが経つとマイルドになって大丈夫でした。サバラン(洋酒のしみたケーキ)で頭が痛くなり、ウイスキーボンボンでほろ酔う、というとんでもない下戸の私でも問題なく飲めましたのでご安心ください。

せっかくなのでいろんなお酒で作ってみたいなーっと思っています。


7:私がつかったものをご紹介

やってみようとはいっても、実際に使ったものを知りたいのよーということもあるので私が使ったものをのせておきますね。スーパーでも手に入りますよ。

■氷砂糖

小粒なのが良いと思います。大きいと紅茶に入れるときにいれにくいです。氷砂糖は大粒なものもあるので、お店で買う方は小粒かどうかみてみてくださいね。

■リキュール・スピリッツ・ラムなど

今回はキルシュワッサーにしてみました。さくらんぼのお酒です。製菓用ですが量がちょうど良かったのでこちらに。   ラムもいいともいます。もしもラムにするならダークラムがいいと思いますよ。ダークラムはお菓子などに使われる香りの強いタイプです。  ダークラムにチャレンジするときは↓これにしようかと思っています。

■保存瓶

ジャムの空き瓶でもOKです。私はWECKの見た目が好きなのでこれを使いました。とれすぎたゆずをジャムにしたり、家族がジャムと勘違いしてブルーベリーのシロップ漬けを買ってきてしまった時にジャムにしてあげたり・・・ジャムばっかり作ってる・・・そういう時に使っていたものです。

良いティータイムを!!



実はお家でも作れる。ほうじ茶ラテ作ってみたはこちら↓↓↓
■お家でスタバ風「簡単ほうじ茶ラテ」の作り方 レシピあり
余ったりんごでアップルティーしてみたはこちら↓↓↓
■あまったりんごで!皮でも可!ふわっと香るフレッシュアップルティーのレシピ 

おかげさまでフォロワー2100を超えました。ありがとうございます。

写真がいっぱいで見やすい
楽天でオススメ&欲しいと思った素敵アイテムをまとめたROOMはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください